04/07(日) 第3回うちボド重ゲ会 (曙橋)

いつ:
2019年4月7日 @ 9:30 AM – 9:00 PM
2019-04-07T09:30:00+09:00
2019-04-07T21:00:00+09:00
どこで:
市ヶ谷建保会館 会議室E
東京都新宿区市谷仲之町4-39
料金:
2000
Pocket
LINEで送る

04/07(日) うちボド重ゲ会 (曙橋)

うちボドではこのたび分会として、「うちボド重ゲ会」を発足します。重ゲ(おもげ)とはプレイ時間が2時間を超えるような重量級のボードゲームを指します。

「初心者大歓迎」を基本コンセプトにしているうちボドですが、会員数が200名近くまで増え、リピーターの参加者様も多くなってきました。それに伴い、手応えのあるボードゲームを遊びたいというニーズも高まっているかと思います。

定例の土日市ヶ谷会でも1ゲームは重ゲを取り入れるようにしていますが、13時から20時のプレイ時間では1つの重ゲだけで終わってしまうため、9時半から21時までの長時間遊べるような分会として独立することにしました。(※市ヶ谷会重ゲ枠もこれまで通り継続します)

重ゲ初心者大歓迎です!!

ボードゲームのルールは丁寧に説明しながら進行しますので、重量級のボードゲーム自体が初めての方でも大丈夫です。カタンやカルカソンヌなど中量級のボードゲームの経験のある方のほうが楽しみやすいかと思います。ボードゲームのルール説明をインストと呼びますが、重ゲはインストだけで1時間近くかかるものがありますので、ある程度の集中力が必要です。どんなゲームで遊ぶかは事前に告知しますので、ご興味のあるゲームで遊ぶ回にご参加いただければと思います。

第3回重ゲ会で遊ばれるゲーム

ファーストクラス(A , B卓の午前の部)

プレイヤーはオリエント急行を経営する経営者となります。列車を拡張してグレードを上げたり、路線を伸ばしたりしながら勝利点を稼ぐゲームです。手番でやることは場に出ているアクションカードをとって効果を解決するだけのシンプルなルールでありながら、場のカードは早いもの勝ちで取られていくため、思った通りのプレイができるとは限りません。

勝利点の獲得方法が複数あり、コンボを決めると後半に爆発的な点数を取得できます。ゲームの終了は6ラウンドまでと固定のため、前半から計画的に仕込みをしておくことがポイントとなります。

戦術性は高いですが、プレイ感は比較的軽めなので重ゲ入門にも最適な良ゲーです。

紹介サイト:ボドゲーマ

プレイ時間 2時間
プレイ人数 4名
ルール難易度 ★★★☆☆

アグリコラ (A , B卓の午後の部)

17世紀の中央ヨーロッパが舞台。疫病の脅威は去ったが、人々の生活が潤うのはまだこれから。そんな時代背景をもとに、農場経営で生計を立て、大きく発展させていくボードゲームです。

プレーヤーは自分の農場ボードを所有しており、最初から小屋が2棟建っています。そこに2人の家族が暮らしており、この家族にいずれかのアクションをさせることでゲームを進行していきます。

アクションボードの上には最初から使用できるものと、ラウンドが進むごとに表にして使えるようになるものがあります。家族コマをこのアクションボードに置くことで何らかのアクションを実行します。通常、1つのアクションは1ラウンドに1人の家族しか使えません。

職業カードや進歩カードによって、様々な資源や家族などを増やしていきます。但し、ある一定のラウンド終了後には「収穫」というタイミングがあり、そこで家族分の食糧を支払わなければなりません。食糧が足りないと物乞いカードといってマイナス点になってしまうカードを受け取ることになります。
収穫時期に行うのはそれだけではありません。畑に作物を植えていればボードの上から作物コマを収穫できますし、2頭以上同じ種類の家畜を農場で飼っていれば、新たに1頭の家畜が繁殖して増えます。

こうして、農場を発展させていき、各種作物や家畜、未使用スペースなどの計算を行って点数の一番高かったプレーヤーが勝利となります。

ゲーム紹介動画: The Game Galleryチャンネル(外部サイト)
ゲーム紹介: ぼっちのホビーBlog(外部サイト)

プレイ時間 4時間
プレイ人数 4名
ルール難易度 ★★★★☆

ハンザ・テウトニカ (C卓の午前の部)

広大な中世の北ヨーロッパを舞台に、ハンザ同盟の商人として交易路を確立していき同盟内での地位を高めて名誉ポイントを獲得していくネットワーク構築系ゲームの名作です。ハンザ・テウトニカはラテン語でハンザ同盟という意味で、これは中世ヨーロッパに実在した都市間交易の商人組合です。

プレイヤーはマップ上の交易路に自身の事務所を設立していき、交易路を完成させることで隣接する都市への影響力を持ち、自身のネットワークを広げていきます。また自身の能力を高める為にも、該当する交易路を完成させていく必要があります。

ネットワーク拡張や能力向上の為に他プレイヤーとの白熱した交易路の奪い合いも発生し、相手より効率的に交易路を完成させるための方法を無数の選択肢の中から考え出す楽しさが、本ゲームの最大の魅力と言えるでしょう。

思考の海から答えを見つけ出す喜びを感じたい方には、非常にオススメできる名作です。

ゲーム紹介:外部サイト

プレイ時間 2時間半
プレイ人数 5名
ルール難易度 ★★★★☆

ヌースフィヨルド (C卓の午後の部)

アグリコラの作者であるウヴェ・ローゼンベルクの新作ワーカープレイスメントゲームであり、北ノルウェーのロフォーテン諸島に実在する静かな漁村、それがヌースフィヨルドです。

ヌースフィヨルドは現在、人口も減少して村というより博物館のような存在となってしまっています。しかしその歴史を辿ると、漁業で栄えていた過去の華やかで自然豊かな全盛期のヌースフィヨルドが顔を覗かせてきます。

このゲームは全盛期のヌースフィヨルドに存在する漁業会社のオーナーとなり、労働者を用いて会社経営を行っていき漁業産業の拡大と成功を目指すワーカープレイスメントゲームです。プレイヤーは漁業会社らしく自社の保有する帆船から魚を収穫したり、村の有力者である長老達を議会で味方にしてその能力を活用したり、森林を伐採して会社の施設を建築したりすることで自社の規模を大きくしていき、勝利点を稼いでいきます。

自社株の発行や他社株券の購入による配当分配を駆使して他社の利益を受け取ることや、自社の土地にお城を建築することも、もしかすると勝利の為には必要かもしれません…。ウヴェ・ローゼンベルクの良さが詰まった良質なワーカープレイスメントである本作は、初心者や経験者など幅広い層にオススメできる名作です。

紹介:なゆひにボドゲ雑記(外部サイト)

プレイ時間 4時間
プレイ人数 5名
ルール難易度 ★★★★☆

タイムテーブル

A,BとCの3卓進行で以下のタイムスケジュールで遊びます。いずれかの卓を選んでご参加いただけます。同じ卓は1日同じメンバーで進行します。重ゲは終了時間の調整が難しいため、恐れ入りますが、午前と午後で別々の卓に参加されることや、午前のみ、午後のみのご参加はご遠慮いただいております。

A,B卓:「午前:ファーストクラス」と「午後:アグリコラ」
C卓:「午前:ハンザ・テウトニカ」と「午後:ヌースフィヨルド」

時間/卓名 午前の部(9:30-13:30) 午後の部(14:30-21:00)
A,B卓 ファーストクラス アグリコラ
C卓 ハンザ・テウトニカ ヌースフィヨルド

※途中で昼休憩を1時間ほど取ります。会場近くのお店で昼ごはんを食べる予定ですが、昼ごはん代は各自でご負担をお願いいたします。

時間

2019/04/07(日) 09:30~21:00

  • 定員に限りがあり、また人数によってゲーム性が変わるため、直前のキャンセルは控えてくださいますようお願いいたします。キャンセルになる場合はできるだけ早めのご連絡を!
  • ゲームのルール説明を同時に行う必要があるため、遅刻のないようにお願いいたします。
  • 前半のみ、後半のみのご参加は原則不可としますが、人数調整の是非について、LINE@チャンネルよりお問い合わせください。
  • スケジュールされた2タイトル終了後に他のゲームを遊ぶ場合がありますが、そのタイミングでの途中退出はOKです。

場所

市ヶ谷建保会館 会議室E室 (現地集合)

東京都新宿区市谷仲之町4-39
※市ヶ谷駅から歩くと遠い(15分ほど)です。最寄り駅は以下となります。

  • 都営新宿線「曙橋駅」下車徒歩8分 曙橋駅からの写真付き案内
  • 都営大江戸線「牛込柳町駅」下車徒歩8分(牛込柳町駅東口より外苑東通りに出てください)
  • 地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅下車徒歩15分
GoogleMapで開く

定員

13名

会費

2000円
※昼ごはん代は各自で負担

飲食持ち込み

  • キャップの付いた飲み物のみOK
  • 食べ物の持ち込みは生ゴミの出ないお菓子のみ可
  • ゴミは各自持ち帰りをお願いします。

イベント参加・ご質問

参加希望の方やご質問につきましてはLINE@のメッセージよりお願いします。イベントの日付とイベント名、参加されたい卓(A,B or C)をお伝えください。

友だち追加